もろもろとモロに書く試み。


by moromolo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:もろほざき( 37 )

セガカラに“声であそぶゲーム”登場

カラオケルームは、単に歌を唄うだけの場所ではなくなりそうだ。SMNは、音声認識技術を採用した新サービス「声であそぶゲーム」を7月から順次導入する。


カラオケボックスがブームになり始めたころ、私は中学生だった。
それまで中学生は友達の家や公園、マクドナルドで遊ぶものだったが、カラオケの登場で個室に仲間だけが集まり、気兼ねなく遊べるという感覚にハマっていた。
ここではお酒やタバコも見つかりにくいとくれば、未成年がこぞって通うのも頷ける。
(今は即通報されます)
当時はひと部屋いくらという会計だったので、ひとつの部屋にみんなでギューギューに入り、床に座って歌っていた思い出があり、懐かしいなぁと思う。

はっきりいって青春といっても過言ではない存在なのだが、そのころの貧乏感覚が染み付いていて「できるだけ沢山歌わないともったいない」と思ってしまうのだ。
皆にいきわたるように、なるべく沢山曲を回したい。
部屋にはいって第一声「早く誰か曲いれて!なんでもいいから適当に歌え」
間奏は早送り、歌が終わったら即曲停止。。前奏が長い曲を入れるとブーイング。ひどい時は一番だけなんてときも。
カラオケボックスの中ではこんな時間との戦いが繰り広げられていたのだ。

さすがに今は経済的な余裕もあるしそこまで殺伐としていないが、それでも後奏で停止してしまうクセは直らない。

ところがどうだ、この記事にもあるように、最近のカラオケマシーンの機能はカラオケだけではない。
歌が好きな人が来るところ、それがカラオケではないのか?と思ったが、もはや役割はそれだけではないようだ。

ここでカラオケのデメリットを思いつくままに上げてみよう
・歌が苦手、好きでない人にとっては最悪な時代に生まれたといえる。。
・いつも同じメンツでいくと、レパートリーも似てきて飽きる。
・環境的にじっくりと話ができない。
・コンパでカラオケだと歌がうまいやつだけが得をする
・どうでもいいやつの歌を聞いてる時間がもったいない

そう、コンパや歓迎会などコミュニケーションが大切な会において、若者が飲んだ後に遊ぶことってカラオケくらいなんじゃない?なのに話ができなかったりとデメリット多すぎ・・・
カラオケ行こうというと、渋い顔する人が少なくないのも頷る。

人が集まるこの都会で、プライベート的な空間はとても貴重だ。
今の若者にとっては、仲間で楽しむパーティールームのような感覚に変わってきているのかもしれない。

私もカラオケボックスに対する考え方を改める必要があるかもしれない。
[PR]
by moromolo | 2006-06-21 17:37 | もろほざき

一晩で300万使えても不幸

一晩ホストクラブで300万使う女ってのを番組でやっていた。
本当かどうかよくわからないけど、何がむかついたって、自分で稼いだ金で行ってるのではなく、親からのお小遣いと貯金(これも結局小遣いだろ)で通ってること・・・
で、なんでホスト行くのかという質問に

「お金たくさんつかうとチヤホヤされて快感だから」

あー死んでいいねwww

親がお金もっている以外、自分の自慢できることないんだろうなぁ。

しかもおじいちゃんにバレたら死んじゃうから言わないで!だって~。
罪悪感があるくせにやめられなくなっちゃってるわけね。


そういう話聞いてると、一般的な家庭で3人兄弟で、わがまま言えずに育ってよかったわ。
一晩で300万使えませんが、私のほうが幸せだと思った。
[PR]
by moromolo | 2006-06-19 01:07 | もろほざき

新しいブログの進行状況

実はもうレンタルサーバは借りていて、MTも設置済みなのです。
でも・・・デザイン考えてHTML、CSSすべて勉強しながら自分でやってみようと思っていて、それのせいでぜんぜんすすまねー!
HTMLなんて入社時(いつ)に少し勉強したくらいで、しばらく組んでないつーの・・・
でもやっとかないと今後苦労しそうだからね。

あと問題はデザインだよね。
社会学部卒業でデザインのデの字も知らないんだけど・・・
高校のころ、あなたセンスがあるから美大に行ったら?なんて担任の先生に言われた経験はありますけどぉ~、何年前の話だよっていうのと、センスがあったのは油絵のことだから、デザインには全く無関係。むしろ苦手。
ネイルアートやってみてもセンスねー!と思うし、学生のころ手紙とか日記とか流行っていて、友達はみんなカラフルなペン使ってカワイク仕上げているのに、赤と黒の鉛筆で書いていた私・・・(2色刷りかよwww)
アンタがいると交換日記がダサくなるといってハブられた経験がありますがナニカ?

とりあえずWebデザイナーを捕まえて教えてもらうことにする。よろしくね!>誰
[PR]
by moromolo | 2006-05-23 12:41 | もろほざき

ネームカード

ちょっと前に始まったサービス「エキサイトネームカード」。
アクセス解析ができるというので、さっそく登録してみました。
解析できるのはネームカードを設置してからということなので、以前の結果はわかりませんが、5月に設置してから今日まで、ここのブログへの検索ワードランキングをチェックしてみたら驚愕の事実が・・・

このブログの検索ワードランキング 第1位は

ぱふぱふ」 ですた。



まじかよ・・・

 
[PR]
by moromolo | 2006-05-14 17:10 | もろほざき

DS Liteどうなの?

ついにDS Lite発売になりましたね。各地で話題になっておりますが、実際は売り切ればかりで全然買えないそうですね・・・・
ま、落ち着いたら徐々に店頭に並ぶようになるかと思いますので、慌てずに。

気になるLightの性能ですが、こんなサイトがありました。

液晶ずいぶん明るくできるようですが、別にDSの時点で不便に感じたことないなぁ。(スペック上では第2段階の輝度が、DSと同じ明るさらしい)
さらに言えば電池を節約するためにバックライト切ってることすらありますけどね。
それくらいなら明るさレベル1にしたほうがよいかもしれないので、段階をつけられるのは良いとしよう。
ぶっちゃけ液晶の明るさより電池の持ちのほうが何倍も気になります。

衝撃を受けたのは「GBAのソフト入れた図」・・・ちょっと!はみ出てますが?
こんなの許せません!

しかしながら、既に入手した方のレビューによると、使い心地が格段によくなり、もうDSに戻れないとのことでした。そこまれ言われると・・・DS持ってるけど欲しくなりますね。困ったな。
[PR]
by moromolo | 2006-03-02 21:08 | もろほざき

2月って

28日までしかなくて、少ないの分かってたけど、分かってたんだけど・・・
来週の火曜日で終わりと(改めて)気づいて、すごい焦った。

ついさっき、
「えぇっ?!もう2月おわりかよー!!あれもやってないし、これもやらなきゃ・・・」
という状況になり、若干パニックになりました。

分かっていたけど、分かってなかったんだなぁ。
[PR]
by moromolo | 2006-02-21 19:55 | もろほざき
自分によく言いきかせているコトと近く、非常に印象に残った文章だ。
「私は有能だ」とか「他の人よりも仕事ができる」と思っている人は、たいていの場合、所詮「2軍のエース」である。
「2軍のエース」はなかなか「真のエース」にはなれない。「2軍のエース」よりも代走でも守備固め要員でもいいから1軍にいる人のほうが、結果的に「真のエース」なれる可能性があると思う。

数年前までは、社内で認められようと四苦八苦していた自分がいて、ようやく評価されるようになって満足していた。
ところが、目の前で一軍チームが練習しているのを目撃してショックを受ける。
こんな世界があったのか。
哀れなことに、自分が2軍(もしかしたらそれ以下かも)にいたことすら気がついていなかったのだ。

それ以来どれだけ評価され、それに応じた報酬をもらっていても全く満足感を得られなくなっていた。ちょい役でもいい。1軍で頑張りたい。
手の届かない世界へ到達した先輩を目標に頑張る。頑張る原動力がそこらじゅうに転がってる。なんて魅力的なんだろう1軍って。

そんな風に思えると、人生楽しみがいっぱいでワクワクしてくる。
[PR]
by moromolo | 2006-02-20 18:19 | もろほざき
寄付に感動して、ヤンキースの監督少年を試合観戦に招待したという記事を読んだ。
ヤンキースの試合に行くために貯めてきた旅費1000ドルを、自分の学校を救うための寄付に全額当てたという。
スタインブレナー氏がファラーくんに手紙を送り、その中で「ジョナサン、私は君を本当に誇りに思う。より崇高な目標のために、個人的な夢をあきらめるというのは容易なことではない」と12歳の少年の善行に賛辞を贈ったと報道。


12歳の少年が1000ドル貯めるのためには、いろんなことを我慢して努力してきたはずだ。
どんな誘惑にも負けないほど憧れた、試合観戦を諦める勇気は本当にすごい。
毎晩毎晩考え、悩み苦しんだかもしれない。

自分の欲望に勝てる人は強いとおもう。
その欲望が大きければ大きいほど、強い人間に違いない。

介護に疲れてを見せている両親のことを分かっていながら、私は私のやりたいことをする!という自分の意思決定は本当に正しいのかな?
尊敬する祖父や両親への感謝の気持ちを優先して、もっと家のことができるような環境作りを優先するべきか?
そのために、今日まで頑張ってきた努力を、目の前にあるチャンスを捨てられるか?


やはり・・・・・私は凡人だ。
たとえ、またチャンスがめぐってくるとしても、臆病な自分はこの少年のような立派な決断はできないだろう。自分本位な人間だもの・・・シクシク。
[PR]
by moromolo | 2006-02-14 23:36 | もろほざき

250万人ともなると

この前mixiのオフ会があって名刺交換などをしたため、期間限定でプロフの名前を本名をしていたのですよ。
それがいけなかったのか・・・

お客さんから「やはりネット系のお仕事されているからには“mixi”ってやってますよね?と聞かれ、あ、まあボチボチ・・・とか答えていたら、「あんまり、好きな言葉は○○○○とか言ってたらダメですよ~?」と言われた。
一瞬よくわからなくて、え?何ですかそれ?と答えたら、私のプロフィールに載っている情報を知っているではありませんか!

うーん、なんかすごい感じ悪かった。仕事の電話で言うなんてちょっとありえない。
仕事用に公開しているブログとかならわかるけど、
完全なプライベートでやっているつもりだったからショックだったわ。
全く知らない人とマイミクに読まれても大丈夫な内容になっているけど、お客さんはマズイ。というか嫌だ。何を持って弱みを握られるかわからない。

わりと、タバコやめてから一服代わりの息抜きで書き込んだりするし。
そういう一面だけをお客さんが見て一体どう思うのか・・・

はぁ、250万人ともなるとすっかり危険地帯だなぁ。気をつけないと。
日記は念のため非公開にしようかなぁ。。。
[PR]
by moromolo | 2006-02-06 16:13 | もろほざき

ポエム

風に揺れるブラインドから漏れる日の光が、
なんだか春っぽくて卒業間近の学校の教室を思い出した。

d0057631_13183716.jpg


長年お世話になったこの場所から去っていく自分。
周りの人ともすっかり打ち解けてここは居心地がよかった。

木漏れ日にはふわふわ舞うホコリが反射している。
授業中はいつも、床に映し出される木の葉の影を見てたっけ。

チャイムの音も、もう聞くことがないんだな。
嬉しいお昼休みの始まりだったり、終わりだったり、
嫌いな授業の憂鬱なスタートになったり、登校時間の締め切りを告げる残酷な合図だったり。
それももうすぐ私を送り出す音になる。

ここは居心地がよかった。
でも、新しい自分を向かえる新しい環境が待っている。
寂しいような、楽しみなような・・・
ワクワクとションボリがごちゃごちゃになる。

春のにおいが、そんな懐かしい感情をつれてくる


そろそろ、いかなくちゃ。


-------------------------------------
なんつって、仕事中(昼休み)にいきなりポエム。
春って、お別れと出会いの季節だよね。毎年うずうずした気分になります。
[PR]
by moromolo | 2006-01-27 13:20 | もろほざき