もろもろとモロに書く試み。


by moromolo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

映画「SAW2」

またまた映画観てきました。
今回はSawの第2弾「Saw2」

ていうかさー、もう痛いよ。こわいよ。映像が!
何か書くとネタバレしそうなので何も書けません・・・
しかし、前作より痛いのは確かです。

メッセージ的には前作と変わりませんが、そこそこいい脚本が出てきて、Sawの続編に加工したという事情をネットで知っていたため、まああまり関連性ないんでしょ?と決め付けていたのは失敗で、多少なりとも予習(復習?)してから来ればよかったな。
前作の細かいところを覚えていなくて、ダレ?このオッサン・・・なんてこともあったので。

これから見るという人はその辺注意。
[PR]
by moromolo | 2005-10-31 14:34

ささ、さ、採用された!

先日の日記で紹介しました、「ギネス挑戦に参加!」ですが、ななななんと!HPから投稿した写真が採用されちゃいましたー。
突然こんなメールが。

=================
このたびは[ラクティス]スペシャル・サイト 「あなたの楽しい生活のスナップ写真を大募集」にご応募をいただきまして、誠にありがとうございました。
ご応募いただいた多数の中から、写真やコメントを選定させていただきました結果、あなたのお写真とコメントを、当スペシャルサイトに掲載させていただくこととなりました。 以下略
=================

じゃじゃーん!SS撮ってみた!
d0057631_11305752.jpg

この写真かよっ!というツッコミはナシでww
職場のPC内にあった写真がたまたまコレだったってことで・・・。


私の写真はこちらからご覧になれます~!

次はあの写真を送ってみようかな。むふふ
[PR]
by moromolo | 2005-10-27 11:35 | もろプライベート

メモ:行きたい

土日のどちらかだったら行ける!
内容的には土曜日かなぁ

□□◆◆◆◆□□□□□◆◆◆◆◆□□□□□◆◆◆◆□□
「EARTH VISION 第14回地球環境映像祭」上映審査会
 The 14th Tokyo Global Environmental Film Festival
     Screening of the 2nd selection

       http://www.earth-vision.jp   ◆◆◆◆◆□◆◆□□◆◆◆□□◆◆□◆◆◆◆◆

アース・ビジョン組織委員会では、アジア・オセアニアから応募された
映像101作品の中から選ばれた23作品
(イラン1 ・インド2・オーストラリア2・韓国2・カンボジア1・シンガポール1・台
湾2・中国/香港1・日本10・パレスチナ1)の上映審査会を一般公開します。


●日時●
10月27日(木)-30日(日)Oct.27 Thu. - Oct. 30 Sun

●会場●
新宿御苑インフォメーションセンター
http://www.shinjukugyoen.go.jp/access/img/map.gif
http://www.shinjukugyoen.go.jp/access/img/gyoenmap.gif
★新宿門の隣にある建物です★
新宿駅南口から徒歩10分・新宿御苑前駅から徒歩5分)
(東京都新宿区内藤町11  TEL: 03-3350-4143)
Shinjuku Gyoen Information Center, Tokyo
10 minutes-walk from South Exit of JR Shinjuku station,
5 minutes-walk from Marunouchi Line Shinnjuku-gyoen-mae station
* Shinjuku Gyoen Information Center is next to Shinjuku-mon.

○参加○一般公開/入場無料 -Admission Free-

※作品はオリジナル言語での上映となりますので、
「しぬほど(5つの章)」以外の海外作品に、日本語字幕・通訳はありません。
(海外作品には、英語のナレーションもしくは、字幕が付いています。)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
上映作品は、多様なテーマに加えて、形式もドキュメンタリーやドラマ、
アニメーションにいたるまで多岐にわたっています。

また、海外作品のほとんどが日本初公開ということでも、日頃、目にすることのない 「地球」の現在、に出会うことのできる上映会と言えます。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
[PR]
by moromolo | 2005-10-26 19:55
「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」に続く!
待望のティムバートンの世界「コープス ブライト」を鑑賞。

19世紀ヨーロッパのとある村。結婚を控えた二人の若者。
成金夫婦の気弱な一人息子と落ちぶれた貴族の娘。この結婚は政略結婚。
お互いに相手を愛せるかと不安を抱くが2人は出会った途端、互いに好意を持つ。
ところが内気な息子はリハーサルをこなすことができず、森へと逃げ出すが
ひょんなことからコープスブライド(死体の花嫁)に結婚の誓いを立ててしまう。
かくして主人公は死者の世界へ連れ去られ、残された婚約者は彼の帰りを待つが…。
d0057631_1917344.jpg


とりあえず「お疲れ様」と言いたい。
パペットをひとコマひとコマ動かして撮影していくストップ・アニメーションの
手法が取られているこの作品。
上映時間は77分と短いが、12時間で撮影できるのは、たった1秒か2秒の映像。
すべてに愛情が感じられる出来だ。

非常に細やかな動きで、ティムバートンの世界ならではの死体のユニークな動き
も楽しめる。

『生の世界』と『死の世界』の対比も面白い。
見栄や規律に縛られ元気の無い『生の世界』と対照的な『死の世界』。
『死の世界』に入った瞬間画面もカラフルになり、音楽もにぎやかになる。
自由で明るい暮らしがそこにはある。

公式サイトのFlash版。激重だけど、それだけ思いがつまってるのかしら?!
[PR]
by moromolo | 2005-10-25 19:18 | もろオススメ
超待ち望んでいたのに全然知らなかった・・・・
エキサイトブログ・モバイルβ版開始のお知らせ

これからは携帯でもブログのチェックできますよー!
現在、自宅でインターネットできない私には画期的な出来事です!
とはいえ、気にするほど大量のレスは無いので大丈夫でしたが・・・
これからは、皆さんご安心してガツガツコメントして戴く事が可能です。即レスしますから。

あとはエキサイトブログのアレがダメなのが改善されないかな~・・・(ボソ
[PR]
by moromolo | 2005-10-24 18:30
今更ながら『もじぴったん』(PSP版)にハマっている。
公式サイト⇒http://namco-ch.net/mojipittan/
友達から情報を仕入れ、Webサイトでお試し版をプレイ。
通勤等のヒマつぶしにいいな~と思い、ムリをいってソフトを借りて以来夢中。

簡単に言えば文字をくっつけて、言葉を作っていくゲーム。ステージごとに様々
な条件が与えられ、ます目を埋めていく。
クロスワードと違って、作る言葉は自分で作っていくためボキャブラリーが試される。

一度に何個もの言葉ができるのことを「連鎖」と呼ぶ。
連鎖は『もじっぴったん』の醍醐味であり、高得点を狙うには欠かせない技。
しかし長い言葉を作るのは難しい。単語にならないと文字を置くことができないからだ。
「連鎖」にはちょっとしたコツがいることがわかった。

例えば、「一番茶」=「いちばんちゃ」という言葉を分解すると
“いち” “いちば” “ちば” “ばん” “いちばん” “ばんち” “ばんちゃ” “ちゃ”といった単語が隠れている。
パズル上で完成させれば9コの単語を作ったことになり、並べる順番を考えれば大連鎖が可能となる。
こういう単語をたくさん覚えておくと、ゲーム攻略に便利。

自分の知らない単語も辞書に登録されているので、意外なところで連鎖が起こり、なんと20連鎖以上もすることがある。
爽快感もこのゲームにハマっている理由かもしれない。

PSPのソフトは今のところ微妙なので、やっと活用できるようになって嬉しいこの頃。
[PR]
by moromolo | 2005-10-24 18:05 | もろオススメ
何を隠そう、私マジで料理ができないのです。
たまに頑張って料理しようと思っても、「適当な大きさに切っておく」って、レシピに書かれていても適当な大きさってなんだよ!本当に適当に切るぞ?
ということで、結果的に大きくて火が通ってなかったとか・・・
ついこの前も料理しよう!ってことになってお肉を買いにいったら、レシピに載ってる「牛ヒレ肉」が無かった。
じゃあ、代わりに何肉にしたらいいの・・・?ヒレってどこ?やわらかいの?硬いの?薄いの?
もうそんな状態。言われたとおり叩いたら肉破けてるしww

つまり、料理のレシピでは“常識”として飛ばされているところがわからず、たまにしか起きない料理への情熱の火に水を注いでしまうのです。

そんな中、本屋をうろついていたら画期的な本を発見。
調理以前の料理の常識という名の通り、調理をする前の下ごしらえだとか、恥ずかしくて聞けない“常識”について書かれているのです。

d0057631_11141465.jpg
レシピのどこにも書かれていない!だけど、知らなきゃ料理ができない!
基本の知識253
「みじん切り」ってどうやるの?
「塩少々」ってどのくらい?
「タカの爪」って何?
Chapter 1 1
カップと1合の違いから米の洗い方、だしのとり方まで
「知らなかったではすまない(超)常識」
Chapter 2
ゆで卵の正しい作り方から肉じゃが、ステーキの焼き方まで
「定番料理34品のコツのコツ(秘)常識」
Chapter 3
包丁の正しい持ち方から切り方の名称、調味料使いまで
「意外に知らない料理以前の(基)常識」
Chapter 4
毎日使うおなじみ野菜や肉、魚から乾物まで47アイテム
「下ごしらえから保存まで 材料別(得)常識」
初心者もベテランミセスも単身赴任のお父さんも!一家に1冊。だれにも聞けないときにそっと開いて答えを見つけよう!

主婦になってから困らないように買っておこうかな・・・
[PR]
by moromolo | 2005-10-20 11:08

領収書にまつわる事件

今回の眞鍋かをり嬢ブログのネタ「収書事件」といえば、私も書くほう・書かれる方、どちらもちょっとしたエピソードがあります。

以前、飲食店でウェイトレスをやっていて当然レジ係りもやるわけですが、そこで領収書お願いしますとなると、一気に緊張が走ります。

そう、漢字の能力が試されるとき・・・

得意な科目:国語、体育、図工 の私としてはこんなところで負けるわけにはいかない。
お客がどんな難問を与えてこようが乗り越えてきたつもりだ。
しかし客が目の前で見ている上に、名前を間違えるなど最も失礼だというプレッシャーがのしかかる。そんな緊張のせいか、意外なトコロで思いつかない漢字があるものだ。

たとえば「 菱 」
これがつく会社って結構多いわけですよ。巨大なグループであれですからね。これが思いつかなかったつらい記憶・・・
そういう時は「あーもう自分で書きます」といわれたり、メモ用紙に書いてもらったり。所詮アホなガキだなーとか思われてるんじゃないか。そう考えるとなんとも逃げ出したい気分です。
それから、書道4段の私ですが、4段なのは毛筆でボールペンは苦手でして(^^;
字がヘタクソと思われてそうで非常に気になります。

それから、ヨコ文字はヒアリング力が試されます。
不幸なことに、私が今勤めている会社はヨコ文字で、さらに造語・・・
絶対に一発で聞き取ってくれません。
それこそ、マーナー(by眞鍋ブログ)状態ですよ

うちの会社 ○○・アド というように「・←中黒」が間につくわけですが、口頭で伝えるときは「○○ なかぐろ アドです」と言いますが、普通に「○○ナカグロアド」と書いてあったときはどうしようかと思った。
その場で気がついたけど、正直噴出した。
あれ以来、名刺を持ち歩いて見せるようにしまた。。。

世の中の企業家たちに告ぐ。

社名考えるときは領収書もらう社員の気持ちも考えろっ!
[PR]
by moromolo | 2005-10-19 20:14 | もろほざき

ギネス挑戦に参加!

ギネスブックへの記録挑戦に参加するなんて、夢のような話。
実は、TOYOTA「ラクティス」のプロモーションの一環。

集まった皆さんの「Update Your Life.」がいっぱいつまった写真を使い、世界最多・最大「Photo Mosaic」でギネス世界記録に挑戦します。

さらに全国6大都市で行われるイベント「チャレンジ!ザ・ギネス・ワールド・
レコーズ」でも、その場で写真を応募することができるということで、東京では新宿タカシマヤタイムズスクエアでイベントが行われている様子。

イベント会場へ出向いて、会場の雰囲気を楽しみながら「記録挑戦に参加してる感」を味わうのも良いかも?!私は手軽にネットから投稿しちゃいましたが。

期間中何度でも応募できるようです。気に入った写真が撮れたら投稿してみてはいかがですか?
ラクティスホームページ
[PR]
by moromolo | 2005-10-18 13:04 | もろネタ

映画「SINCITY」

先週ですが、遅ればせながら映画感想日記UP・・・
いやぁ、「SIN CITY」オトコの映画ですね。そして映画好きのための映画。やっぱりkillBilを思わせる雰囲気・・・
モノクロ的な映像なので、いちいちカッコいい。ダサいオトコもかっこよく見える。
っていうか、カッコイイの表現がベタすぎて逆にカッコイイ!
そんなwwwいまどきいねーよwwというくらいやっちゃって、これはこれで正解なんだろうな。

ストーリーもかっこいい。
登場する3名の主役はオトコが考える「かっこいい男像」じゃないでしょうか。
特に持病に苦しめられながらも悪と立ち向かい、生涯を棒に振っても少女を助けた「ハーティガン」と行きずりの女性に恋に落ち、復讐に人生をかける「マーヴ」あたりは、オトコとしてはたまんないのではないでしょうか。
私は娼婦街の女性たちにクラクラっときてしまいましたがね。
それからナンシー可愛すぎて(*´д`*)ハァハァ

指輪物語で主演を見事に演じた彼・・・そんな役やちゃっていいんですか・・・?
とか、豪華なキャストを贅沢に使っているあたりも、映画好きだけでなく一般人までも引き込んでいるのかもしれません。

SINCITYを通じて意外なところで人間関係が絡み合っているので公式サイトの相関図をみておさらいするとよし。

とりあえずは、巷で話題のSINCITYバーには行かないと!と思います。
[PR]
by moromolo | 2005-10-17 12:35 | もろオススメ