もろもろとモロに書く試み。


by moromolo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

発売延期orz

任天堂サイトの謝罪ページによると、DS Liteが品薄ですみませんって話だけでなく、さりげなくソフトも延期されることまで便乗されていた!
海外旅行のさい、画面にタッチすればコミュニケーションをとることができる翻訳ソフト『旅の指さし会話帳DS』シリーズ4種は4月27日に発売延期となった。

うおおおーい。
旅行行くのに結構当てにしてたのに!まじかよ~~っ。ショック。
でもコレかなり使えるよね。旅のお供にDSって感じで、会話帳とゲームソフトがあれば困らなさそ。
ソフト何本も持ち歩けるケースが欲しくなってきた。
[PR]
by moromolo | 2006-03-29 23:01 | もろオススメ

FF11専用SNS

とりあえず登録してみました。
かなり今さらな感がある。。
もっと早く存在していれば、相当役立っただろうに。
今ではとっくに各LSごとにHP、最低でも掲示板くらい持っているだろうし
それで済んでいる気がする。。
mixiなどの既存のSNSのコミュで足りるんじゃ?という意見もありそう。

強いて言えば、FF日記付けてみようかな、って場合には気兼ねなくFFXIのことだ
けかけるし、写真倉庫を使えばフォトアルバムとして使えるし。
ネタバレには気をつけないといけないけどね。

それからSNSといえばコミュニティだけれど、コミュはリンクシェルと名を変え
て存在している、機能はスレッドのみ。

ということで、バリバリ現役選手の情報収集には使えるだろう。
うまくいけば、LSに属していなくてもイベントのお手伝いが募れるだろうし、下層で叫ぶムダな時間も必要なくなるかもしれない。

はぁ、もっと早くあれば・・・・
もう1年以上ヴァナに降り立っていないから解約しようかと迷っている私には必要ないわね。
http://frel.jp/
d0057631_18291765.jpg


余談だけど、天気は必要あるのか?最初ヴァナの天気かと思っちゃったよw
どうせならヴァナ時計だとか、もっと役立つものが欲しいよね。
[PR]
by moromolo | 2006-03-29 18:29 | もろネタ

CMで見たことある

d0057631_19544743.jpg

某車のトランクに…
こんなでかいお土産買わないな。100%買わない。
貰うのも迷惑だと思った。

いやぁ、でもこのクルアいいね、広い。高さがあるから圧迫感ないし。
大きな開口部のおかげで背の低い女性でも使いやすいと思う。。

CM見たことない人はこちら
[PR]
by moromolo | 2006-03-27 19:54 | もろmoblog

dodo

息抜き場所。
現実逃避したくなったら・・・行ってみるといいよ

忙しくて旅行ってないな~と思ったら、行ってみるといいよ

なんだかちょっと得した気分が味わえる。

そんなサイト
http://www.dodo.jp/
[PR]
by moromolo | 2006-03-22 21:44 | もろオススメ
理化学研究所バイオ・ミメティックコントロール研究センター(名古屋市守山区)の研究チームは、人を抱き上げる動作ができるロボット「リー・マン」を開発し、十三日公開した。単純な持ち上げ動作でなく「抱っこ」ができるロボットは世界で初めてという。

な、なんで名前がリーマン?
よりによってなんで・・・夢がないよ(つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

さらに・・・
実演では、研究者の呼び掛けに応えて長いすに腰掛けた重さ十二キロの等身大の人形に近づき、「ヨッコラ、ショ」とつぶやきながら抱き上げた。


別に「ヨッコラショ」はいらないだろ!意味なくリアルじゃん・・・

今のところ抱けるのは重さ三十五キロまで。

そんな軽い人は子供か人形くらいです・・・ 意味無し!

羅志偉チームリーダーは「五年後には大人を抱き上げられるまでにし、将来的には介護、リハビリテーションや引っ越しなど、日常生活の力仕事に役立つロボットにしていきたい」と話している。


チームリーダーの名前、暴走族みたいですね。
でも、将来が楽しみであります。老老介護なんかは力が必要な場合ハードだし案外危険ですから。
今後とも研究頑張って欲しいですね。

元記事
[PR]
by moromolo | 2006-03-14 11:47 | もろツッコミ
映画みた「ヒストリー・オブ・バイオレンス」
あの、ロード・オブ・ザ・リングのアラゴルンを演じた(カッコイー!)、ヴィゴ・モーテンセン主演の映画です。
インディアナ州の田舎町で小さなダイナーを経営するトム・ストールは、弁護士の妻と2人の子どもとともに穏やかな日々を送っていた。そんなある夜、彼の店が拳銃を持った2人組の強盗に襲われる。しかしトムは驚くべき身のこなしで2人を一瞬にして倒してしまう。店の客や従業員の危機を救ったトムは一夜にしてヒーローとなる。それから数日後、片目をえぐられた曰くありげな男がダイナーに現われ、トムに親しげに話しかける。人違いだと否定するトムだったが、トムの過去を知るというその男は、以来執拗に家族につきまとい始める。


過去の自分・・・自分では切り捨てて変わったつもりでも消せないものです。
映画のストーリーはそんなにヒネリはない。ヒネリのある映画観すぎたせいかもしれない・・・
ヴィゴはそれなりに年をとっておりますが、とても素敵な男性でした。うふふ。
[PR]
by moromolo | 2006-03-12 23:41 | もろプライベート

炎の宅配人

炎の宅配人(公式サイト音でます)というゲームが2006年6月発売予定。
かなり注目しております。
まず、記憶に新しいDSのゲーム「押忍!闘え!応援団」を匂わすような暑苦しさ、無駄な情熱。線の太い、強いタッチのイラスト、異常なほど正義感に溢れた主人公・・・この世界観が好きです。

さらに、なんといっても声優に・・・宮崎吐夢さまキターー。
敵対するライバル会社の社長さん役で、ジャーク=ニック(外人?)
サイト(キャラクター紹介)で声聞けます。

ますおさんもいたよ。

今のところ完全に敵側に感情移入しちゃってる。
とりあえず発売が楽しみです。
[PR]
by moromolo | 2006-03-06 16:10

ハートのオブジェ

この前のライブの後ろにあったオブジェ・・・
インゴ・マウラーだったのか

っていうか、この電球一つだけで8万するんだそうで。。
d0057631_11544531.jpg

じゃあ、電球がまわりに沢山ついていた、あのハートのオブジェは一体いくらだよ!40~50本はついてるだろ(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
[PR]
by moromolo | 2006-03-06 11:58 | もろメモ

DS Liteどうなの?

ついにDS Lite発売になりましたね。各地で話題になっておりますが、実際は売り切ればかりで全然買えないそうですね・・・・
ま、落ち着いたら徐々に店頭に並ぶようになるかと思いますので、慌てずに。

気になるLightの性能ですが、こんなサイトがありました。

液晶ずいぶん明るくできるようですが、別にDSの時点で不便に感じたことないなぁ。(スペック上では第2段階の輝度が、DSと同じ明るさらしい)
さらに言えば電池を節約するためにバックライト切ってることすらありますけどね。
それくらいなら明るさレベル1にしたほうがよいかもしれないので、段階をつけられるのは良いとしよう。
ぶっちゃけ液晶の明るさより電池の持ちのほうが何倍も気になります。

衝撃を受けたのは「GBAのソフト入れた図」・・・ちょっと!はみ出てますが?
こんなの許せません!

しかしながら、既に入手した方のレビューによると、使い心地が格段によくなり、もうDSに戻れないとのことでした。そこまれ言われると・・・DS持ってるけど欲しくなりますね。困ったな。
[PR]
by moromolo | 2006-03-02 21:08 | もろほざき
民放のバラエティに飽き飽きしている最近はCSやwowwowをよく見る。

その中で先週見た映画メモ&一言感想文

「ネバーランド」
ピーターパンという物語が誕生した時の話。実話に基づいているらしい。
ピーターパンって、究極のファンタジーで、ネバーランドは特に現実逃避っぽく
て好きになれなかったけど、例え絶望ばかりだとしても希望を見い出すために作
られた物語なんだね。
ジョニーデップ演じるジェームズ M バリーのピュアで温かな心に感動する。
こういう純真な心と夢見る力って大切だな。(自分は汚れてるなぁ・・・・


「地雷を踏んだらサヨウナラ」
フリーの報道写真家として1971年1月から約2年間、バングラデシュ、インド、カンボジア、ベトナムの激動地帯を駆け抜け、戦火のカンボジア・アンコールワットで26歳の若さで殉じた一ノ瀬泰造氏の物語。
(以下ネタバレ)
彼はアンコールワット近くの村で消息を絶ってから約10年後に遺体で発見されている。最終的な結論は不明だが、映画のエンディングでは無事にアンコールワットにたどり着いていた。それはタイゾーとのその周りの人々の強い願いであり、そうであったと信じたい気持ちからきているのではないだろうか。
最後まで見て、ようやく本当に報われた気持ちになる。

Webサイトの「一ノ瀬泰造の足跡を辿る」でおさらいすると、改めて彼の行動力に唖然とする。
※3/3(金)渋谷で再アンコール上映決定らしいです。

そういえば、父がタイムリーなことに、タイゾーの写真集を購入していたのを思い出した!借りてみよう。

「オペラ座の怪人」
これは劇場で観ているので、割愛。2度目なのに思わず観てしまった。
メモのみ。
[PR]
by moromolo | 2006-03-01 13:20