もろもろとモロに書く試み。


by moromolo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

本日のゴルフレッスン

バッグスィングの時に右足に体重をかけるが、土踏まずと親指に乗せるようなイメージ。
(これ重要)

インパクトしたのを確認してから顔を上げる。

右にいくときは左手甲が上を向いているので右手が上にくるように。

ドライバーが不安定なときはバッグスィングが大きすぎるので浅めにする。
[PR]
by moromolo | 2008-04-20 15:19 | もろmoblog

ラウンドレッスンのメモ

右足下がりの地面では体重を左足に乗せ、重力に負けないように中心に重心を持ってくる。
左足下がりは逆

アイアンもウッドもドライバーもだが、
スウィングのときは全体的に顔を上げるのがちょっと早いために開いている
あと0.1秒くらいでも我慢すると左腰もひけない、いい感じになる。
同時に腰もバックスウィングで重心を右足へ体重の乗せて、インパクト時はちょうど重心が真ん中に来る。その際腰がひかないようにぐっと我慢。
それから顔を上げて身体を回す。
インパクトが終わってから顔を上げるって思うといい。

パターは肩を左右に振る感じ
それに腕が振り子のようについてきて打つ。
腕の力はほとんど使わないが、距離が長いときは手首を使って距離を出す。

アプローチの際、やや距離があるときに振り切らないがために距離が足りないことがある。
[PR]
by moromolo | 2008-04-17 19:22 | ゴルフ

本日のゴルフレッスン

バッグスイングの位置はもっと手前で、腕で顔が隠れるイメージ。ちなみに今はアゴの下に腕が入ってしまっている。
もっと右足に体重がのるくらい重心を移動させてよい


ボールから少し離れて重心を前にかけて、腰の位置を上げた状態で打つ。ちなみに今はスウィング時に重心が後ろにいき腰が引けている

開いて右に行くときと先端に当たって右にいくときがある。
開いているときは、右肩をかぶせるようにして左側に打つイメージで振る。
先端に当たるときは重心を前へ
[PR]
by moromolo | 2008-04-13 13:52 | ゴルフ