もろもろとモロに書く試み。


by moromolo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ラウンドレッスンのメモ

右足下がりの地面では体重を左足に乗せ、重力に負けないように中心に重心を持ってくる。
左足下がりは逆

アイアンもウッドもドライバーもだが、
スウィングのときは全体的に顔を上げるのがちょっと早いために開いている
あと0.1秒くらいでも我慢すると左腰もひけない、いい感じになる。
同時に腰もバックスウィングで重心を右足へ体重の乗せて、インパクト時はちょうど重心が真ん中に来る。その際腰がひかないようにぐっと我慢。
それから顔を上げて身体を回す。
インパクトが終わってから顔を上げるって思うといい。

パターは肩を左右に振る感じ
それに腕が振り子のようについてきて打つ。
腕の力はほとんど使わないが、距離が長いときは手首を使って距離を出す。

アプローチの際、やや距離があるときに振り切らないがために距離が足りないことがある。
[PR]
# by moromolo | 2008-04-17 19:22 | ゴルフ

本日のゴルフレッスン

バッグスイングの位置はもっと手前で、腕で顔が隠れるイメージ。ちなみに今はアゴの下に腕が入ってしまっている。
もっと右足に体重がのるくらい重心を移動させてよい


ボールから少し離れて重心を前にかけて、腰の位置を上げた状態で打つ。ちなみに今はスウィング時に重心が後ろにいき腰が引けている

開いて右に行くときと先端に当たって右にいくときがある。
開いているときは、右肩をかぶせるようにして左側に打つイメージで振る。
先端に当たるときは重心を前へ
[PR]
# by moromolo | 2008-04-13 13:52 | ゴルフ

本日のゴルフレッスン

腰がねじれるというか左側が後ろに引けて右側が出てるので、横にスライスする感じ。
そうすると左足が折れて内側に入り、右足が浮く。
肩も右肩が下がるので地面と平行に回していくイメージ
バックスィングから戻すときに角度をそのままにして少し降ろす
[PR]
# by moromolo | 2008-03-23 23:46 | ゴルフ

本日のゴルフレッスン


・バックスウィングを上げ過ぎて頭が下がることがあるので気をつける
・右足の内側が浮いて外側に体重が移動してしまうので、足が浮かないよう気をつける
・ボールの外側を覗き込むように打つ
・インパクトの瞬間、グリップに気をつける。右手が上にくるように意識することでクラブの方向が定まり右へ飛ばなくなる。
[PR]
# by moromolo | 2008-02-02 16:44 | ゴルフ

本日のゴルフレッスン

アプローチ Vol.2

右足のかかとが上がってひざが曲がって、クラブの軌道を邪魔している
・両足を閉じてヒザつけて、両膝がずれないように練習
・腕をふりすぎ。体をあまり前にむけない。腕をさっと流すような感じでふる
・打ってすぐバックスィングに戻す練習をすると、振り過ぎないのでおかしくなったら立ち戻る
・打った後手首を返さない。左手首は折らないでそのまま。
・ボールを叩くようなかんじ
[PR]
# by moromolo | 2008-01-14 02:04 | ゴルフ

本日のゴルフレッスン

頭を動かさないよう意識すると少し沈むので、ボールの側面を覗きこむように頭をやや右上にスライドさせる

バックスイングの際、左膝が内側に入らないように気をつける

バックスイングの際、クラブを立てすぎないように、やや後ろに倒す。下から打つより横に倒れた円を描くように。

顎、肩、腰は左上がりの斜めのラインをキープ

右肩が上がって左肩が入れ換わって入る感じ

インパクトの瞬間は右足に体重残す

振り切るときは左斜めから空を見上げる感じ
[PR]
# by moromolo | 2007-11-25 14:49 | ゴルフ
■アプローチ
足を狭めにし、左足に重心をかけややオープンスタンスで球の正面に構える。

スィング中は左足重心のまま。右には乗せない

打つときに左手首が折れないように、そのまま振り切る

腕を縮めないように。

打ち終わったら体と顔は打った方を向いているように。

距離を伸ばすには、足を広げて降り幅を大きくしていく。
[PR]
# by moromolo | 2007-10-07 14:12 | もろmoblog
バッグスィングの際、左足の膝が内側にはいっているので正面をむけたまま右足に体重を移動する。

構えの時点で両膝とも内側に入り気味なので注意。気持ち外に向けるくらいでよい。

スィング時に右肩が突っ込み気味で体が下がるので、左肩を少し引くように。
[PR]
# by moromolo | 2007-09-24 13:37 | もろmoblog
右肩が落ちているのを修正。
・ 右腕を伸ばして手のひらを上にしひじを曲げた状態から、そのまま身体に引き付ける。やや、左肩を引く感じ。

・ それと同時に腰を右から左へ。

・ 体重を右足から左足へ移動させ、左足を踏ん張る。
・ 膝を曲げすぎずに軽く曲げる。
[PR]
# by moromolo | 2007-09-02 21:27 | もろmoblog

ゴルフレッスンメモ02

・長いクラブ(ドライバー)の場合は右肩が少し下がり、左腰が上がるくらいが自然な構え
(今は水平にすることを意識しすぎ)
・球の右側を打ち込むために覗き込むような形(右肩が下がる)でスウィングする
・右腰が引けるので注意。引くのではなく持ち上げる幹事
・その際左手を胸で押してやる感じで体を回すとならない
・頭は残す

・スウィングの最高速度が振り下ろす瞬間になってるので、球を打つタイミングに最高速度になるようにフ降る
・右手の方が力があるので、やや左手に力を入れることを意識
・左手の握力を少し鍛えたり、テニスのラケットを重くして左手でバックの素振りをして筋トレするとよい
[PR]
# by moromolo | 2007-07-22 16:26 | ゴルフ